毛周期についての知識

毛には毛周期と呼ばれるサイクルによって、毛が生えてきて抜け落ちるを繰り返しています。成長初期・成長期・退行期・休止期。このサイクルで毛は生まれ死んでいくのです。そして、この成長期の毛にレーザー脱毛を行いツルツルにしていくのです。なぜかというと、 続きを読む

脱毛による肌への影響

光脱毛は、ムダ毛の黒色に光を照射させ、反応させることで脱毛します。光脱毛は熱いの?と疑問をお持ちの方もいると思いますが、実は、光が当たると少々熱く感じる場合もあります。でも、それはちょっとの間で消失します。それと、光脱毛を行う時は肌を冷やしながらの処置のため、赤みが出てしまう等の肌トラブルはあまりありません。ただ、光の出力によっても与える熱が変わってきますので、きちんと肌の状態を見るなどしなければ毛根・毛穴のまわりが軽いヤケドのような状態になってしまう可能性はありません。最終的には施術をするスタッフさんがきちんとそのあたりを見極めてやっていただくことが必要です。
なお女性は必ず生理がありますので生理中に脱毛をすることはできません。月経中はホルモンが乱れ、バランスが悪いので、肌がいつも以上に敏感になっています。その時に脱毛処理をしてしまうと思いもよらないトラブルが起こってしまう可能性があるからです。
なので、医者がいない、きちんと肌の診断ができない脱毛サロンでは、生理中の脱毛によるトラブルを避けるためにも、施術をしないようにしているのです。

ミュゼ iライン 口コミ

アンダーヘアが濃い

一般的な暮らしをしている人でもあっさりと、VIO脱毛を受けられる時代になっており、殊にアンダーヘアが濃いことを気にしている人、露出部分の多い水着や下着を着こなしたい方、自力での処理が億劫でたまらないという方が目立つようです。
クチコミやユーザー評価をもとに、評価の高い脱毛サロンをおすすめランキングとして発信しています。施術費用を脱毛部位別に一つ一つ比較できる企画も揃っているので参考に、きちんと比べてから選択しましょう。

欧米では、そんなに珍しくないVIO脱毛ですが、日本国内でも処理してもらえるようになっています。芸能人やモデルやセレブが取り入れたことで、現在は学生から主婦まで年齢や職業を問わず支持を得ています。
ニードル脱毛を利用した場合、1度に脱毛を施せる毛量が、かなり少ないという状況になるため、長期にわたってしまいましたが、全身脱毛を受けていい結果が得られたと伝えたいです。
続きを読む

脱毛用の機器の種類と効果

少し前までは、電気脱毛や、ニードル脱毛、絶縁針脱毛など非常に痛みのが伴う脱毛方法が一般的でしたが、いわゆる光脱毛といわれる、レーザー光線などを使用した脱毛機器が発売されるようになってから、痛みもほとんどなくなり、脱毛回数も少なくなったりして、ここにきて一気に脱毛ブームが始まりました。 続きを読む

プラセンタエキス配合のローションを使って仕上げ

全身脱毛ってどれくらいの施術回数と実施期間がかかるのかご存知ですか。人によって体質や毛質が大いに異なるものであるため、脱毛にかかる時間や回数ももちろん違います。ただ、全身脱毛では2~3年のうちで合計12~18回程度の回数がおよその目安です。注意したいのは生理の間は、皮膚が刺激を受けやすくなるので、脱毛サロンへ行くのは生理時はやめた方が良そうです。まったく知らなかったので、大変参考になりました。通う期間もこういったことで多少前後するかもしれません。 続きを読む

ローションで「輝く肌」に

「輝く肌」

魅力的ですよね。

ごく最近までは痛さや価格設定が高いとなっている事から気軽に通えなかったエステティックサロンですが、最近ではどんな年齢のお客様にも安心してご満足頂けるよう常に考え行動し、努力しています。少しの時間で綺麗になれる脱毛手法。みんなが怖がる痛みも少し感触があったかな?と思うくらいなんです。カミソリや毛抜きで10代のころから処理をしていて、負担がかかった肌や敏感肌のあなたには、ケア後の変わった肌になんでもっと早くに通い始めなかったんだろうと思いますよ。 続きを読む